概要

シンガポール現地の富裕層や海外からの富裕層を相手にしている高級な援助交際バーはもちろん、我々庶民でも利用できるような店舗もあり、オーチャードタワー が日本人の間では有名です。Grand Hyattホテルの地下一階にある「Brix」は、高級店舗で、モデルクラスの女の子が多数在籍しています。

 

🍻 立ちんぼとの違い

一応「男女の自由恋愛の場」としてのバーですので、断られる事ももちろんあります。立ちんぼは金額次第という面も多いですが、ここでウリをしている娘たちにはそれなりのプライドもあれば好き嫌いもあります。アジア人客専門の女の子もいれば、白人専門という娘もおり、話してみないとわからないというのが援助交際バーですので、気後れせずどんどん話しかけてみましょう。

また、プレイ時間も立ちんぼのように数十分というような制限はなく、自分が果てるまで付き合ってくれる場合が大半です。(よっぽどの遅漏でもなければw)

相場は高いですが、洗練された娘もそれなりに多いので、お酒をちびちび飲みつつタイプの娘が現れるのを待ちましょう。

 

💸 料金相場

入場料(1ドリンク付き): S$15~20

※時間が早いと

東南アジアの娘たちの料金はだいたい S$150~200位で、そこからさらに値下げしようとすると、確実にNOの返事が返ってくると思います。

オーチャードタワーなどに入ってみればわかると思いますが、白人男性は非常に多いです。アジア人男性はそういう雰囲気が好きになれずにあまり馴染めない人もいるかもしれません。

金持ちやイケメンの白人男性だけがモテるかというと、決してそんな事はなく、白人=乱暴というレッテルを貼ってあまり近づかない娘もいるのが事実です。

韓国人も暴力的というイメージがついているようなので、ちゃんと日本人であることを伝えましょう。

アジア人の中では日本人がトップの人気を誇っている印象です。

(HENTAIはただの変態で基本無害ですからね。)

ブログ村

 

💕 デートもできるよ

自由恋愛というのはあながち冗談でもなく、何から何まで一対一の空間になりますので、女の子によっては客に惚れてしまったりだとか、仲良くなった客と気軽に遊びに行くなんて事も珍しくありません。そもそも毎日フル出勤している娘ばかりではないので、ちょっと小遣い稼ぎに来ているような子だとデートの可能性は上がります。

ちなみに、交渉成立前にはきちんとプレイ可能内容は確認しておきましょう。後でNGネ!オプション価格ヨ!とタケノコ剥ぎに当たってしまう事もありますので要注意です。

 

👭 女の子の人種

アジアでは中国・韓国、東南アジアだとインドネシア、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオスなどで、マレーシアやシンガポールローカルの娘もたまぁにいます。

白人は主にロシアやウクライナが割安で、ヨーロッパ、オーストラリアなどは文字通りお高く留まってる感じです。残念ながら白人女性は人種差別をする人もいるので、そういった意味でもアジア人が少ないのもうなづけるかもしれません。相場は東南アジアよりも高く、S$500~700程度ですがマレーシアでも白人は割安で抱けますので、ここでは最初から相手にしなくてもいいかもしれません。

 

まず、入店時に1ドリンク付きの入場料を払います。だいたいS$15~20位だと思います。7時頃の早い時間に行くと入場料がないことがありますので、まず入ってスタンプをもらって時間をつぶして戻ってくるのも良いかもしれません。
入場の証としてスタンプを手に押されますので、一回出ても再入場可能です。

 

🏩 ホテル連れ込み…

心配性の方だと、女の子の連れ込み不可のホテルがあるのでは、と考えるかもしれませんが、シンガポールはそのへんかなり寛容で、ジョイナーフィーなどもありません。ガムの罰金は取るんですけどね。

諸事情により自分の泊まってるホテルには持ち帰れないという場合は、ラブホ形式のホテルへ連れていくのも可です。

オススメのラブホテル – Hotel 81 Bencoolen

住所: 41 Bencoolen Street / 休憩料金: S$20前後

※パスポート必携

 
 

オーチャードタワーの援助交際クラブ一覧はこちら
 

すべての風俗の種類をみる

レビューを書いてみませんか?