シンガポールのお酒事情 (年齢制限・購入場所・価格・裏ワザ)

お酒好きな人が海外旅行をする時、気になるのがその国でのお酒に関する法などの事情ではないでしょうか。

日本と違って海外では、宗教などの問題もあって、お酒に対して厳しい規制がある事もしばしばあります。

日本と同じ感覚を持ち込む事によって罰金を払うはめになる、なんて事態を避ける為にシンガポールでのお酒の事情をしっかりと予習しておきましょう。

シンガポールのお酒に関する法律

1.お酒が飲める年齢

日本でも未成年の飲酒禁止法が存在する様に、世界各国でも似たような法律があります。

シンガポールの場合は、18歳以上であればお酒もタバコもたしなむ事が可能です。

お酒を飲む場合、念の為、ちゃんと自分の年令が証明できるパスポート等を携帯しておきましょう。

 

2.飲酒が可能な時間

2015年4月1日から法改正により、平日は「22:30〜7:00」まで、休日は「20:00〜7:00」まで公の場での飲酒及び、商店での酒類販売が禁止になりました。

この法令は外国人観光客や外国人労働者に対しても適用され、違反者には1,000Sドル以上の罰金または最長3ヵ月の禁錮刑が科されます。

平日と思っていたらシンガポールでは祝日だった、なんて事にもならない為にも事前のリサーチは徹底する事をオススメ致します。

レストランなどの飲食店でお酒を飲んでいる途中に飲酒禁止時間になっても、その場で飲み続ける事は可能ですがお酒を持ち帰る事は違法になります。

飲酒禁止時間でもホテルなどの自室での飲酒は問題ありません。

 

お酒を購入できる場所

1.コンビニ

シンガポールには日本同様にコンビニが多く点在しています。

夜遅くまで店がオープンしているのが強みですが、上記の法規制により購入時間に限りがある為特にメリットは無いかもしれません。

 

2.スーパー

コンビニより安く買えます。

 

3.免税店

予めホテルなどの自室での飲酒が決まっているならここで買ってしますのがオススメ。

シンガポールでは免税店で商品を購入してから入国する事が可能です。

免税店の為、購入価格もコンビニやスーパーよりも安いです。

ただお酒のシンガポール国内への持ち込みにはルールがあり、

  • 蒸留酒1リットル+ワイン1リットル+ビール1リットル
  • ワイン2リットル+ビール1リットル
  • ワイン1リットル+ビール2リットル

のいずれかでないといけません。

(※数字はそれぞれ上限)

ちなみにシンガポールを出国してから48時間以内、またはマレーシアからの入国の場合はこちらの免税は適用されないので、お気をつけ下さい。

ブログ村

 

お酒が飲酒可能なお店

1.レストラン・バー

自分で商店でお酒を購入して、自室で飲むのではなく、屋外で飲むのなら王道の選択肢に入るレストラン・バー。

ただもちろんですが、商店で自分で購入して飲む場合よりも料金は高くつきます。

尚、シンガポールではお酒を販売するのにライセンスが必要で、お酒を置いてない飲食店も多々あります。

飲酒が目当てでお店を探す場合は、入店する前にメニューを確認するか、店員にお酒が置いてあるか訪ねましょう。

 

2.ホーカー

ホーカーとは屋台街の事で、屋外のフードコートの様なものをイメージして下さい。

レストラン・バーと違い食事もお酒も安いです。

雰囲気を重視せず、とにかく安く飲みたいという人にはオススメです。

 

3.ホテル内のミニバー

レストラン同様料金は高いです。

メリットは強いてあげるならば、ホテル内にある為移動の手間がない事でしょうか。

 

シンガポールで安くお酒を飲む方法

税や法の関係で、シンガポール国内でお酒を飲むのは基本的に料金が高くつきます。

そんなシンガポールで、安くお酒を飲む方法を紹介します。

 

1. Happy hourを利用する

シンガポールのバーやクラブなどでは、夕方前ぐらいまでの時間帯でハッピーアワーを開催している店が多いです。

ハッピーアワー中はビールなどが安く飲めます。

平日の正午から午後3時ごろまでであれば、通常の半額程でビールを頼む事ができるため、労働時間を無視できる旅行客はこれを利用しない手はありません。

バーやクラブなどお店によっては17時から19時までをハッピーアワーにしている場合もあります。

水曜日は女性がお酒を安く飲めたり無料になるレディースデイなども開催されています。

 

2.タイガービールの工場見学を利用する

18S$でタイガービールの工場見学に参加できます。

この工場見学ですが、最後に45分間生ビールの飲み放題が特典として付いてきます。

現地のビールを体験したい方は是非参加して下さい。

 

最後に

途中でも説明しましたが、シンガポールは税や法の関係でお酒の料金が高いです。

どうしても安く、浴びるほどお酒を飲みたいというなら、シンガポールから最も近い隣国マレーシアのジョホールバルに出向く、という手もあります。

シンガポールはお酒の料金が高い分、一杯をゆっくり味わって飲む、という文化も有るようで郷に入っては郷に従えという事で、その国の文化に染まりながらお酒を味わうのもまた乙なんではないでしょうか。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*