置屋から徒歩圏内!ゲイラン地区内のイチオシ麺処4選(ラーメン・中華そば・うどん)

日本でいうところの歌舞伎町の様な町の『ゲイラン地区』ですが、安くて美味しい中華料理やが味わえる地区としても知られています。

そんな『ゲイラン地区』のイチオシ麺どころを4店舗紹介したいと思います。

 

The Fishball Story

以前はリトルインディアにあったホーカーズ Golden Mile Food Centre(ゴールデン・マイル・フード・センター)に店を構えていた屋台です。

ダグラスという若い店主が営んでいます。

代表的商品はなんと言ってもダグラスが作る手作りフィッシュボールとヌードルが合わさった物です。

フィッシュボールとは魚のすり身でできた団子の事です。これと麺を合わせたフィッシュボールヌードルがシンガポールではローカルフードとして人気です。

The Fishball Storyではダグラス手製の団子の硬さともちもちとした食感が絶妙です。

店の雰囲気や味の評価は、ある意味“屋台らしくない”繊細な味”と評されています。出汁のきいたスープも雑味がなく、すっと体になじみます。

価格はヌードルのみが4.5〜6S$。ドリンク付きのヌードルが5S$と6.5S$の2種類。

営業時間 10:00〜2:00am

住所:512 Geylang Rd Singapore 389468 Geylang Rd, Singapore 389468

facebookページ:https://www.facebook.com/fishballstory/

 

L32 Handmade Noodles

L32 Handmade Noodles(L32 麺手工)はゲイランの美味しい板麺として有名です。

夜は地元の客が途絶える事がなく30分以上待たされる事もありますが、こうやって地元の人による賑わいを楽しむのもローカルフード店を楽しむ醍醐味ではないでしょうか。

ブログ村

さて、料理の方ですが、麺はきしめんみたいな見た目でつるつるしています。

具によって味は変わりますがが1番オーソドックスでシンプルなポーク入りスープヌードルで4S$です。

大きめのイカンビリスが入っているのが特色です。イカンビリスとはマレー風出汁ジャコの事です。

営業時間 11:30〜21:30 月曜定休日

住所:558 Geylang Road (Lor 32), シンガポール 389509

facebookページ:https://www.facebook.com/L32handmadenoodles/

 

Aya Izakaya Singapore

店名を見ての通り和食居酒屋の「彩居酒屋」です。

麺としての打ちどころはラーメンやそば、皿焼きうどんでしょうか。

シンガポールで日本食や日本の雰囲気がが恋しくなったらここですね。

他はほぼ居酒屋と思ってもらって構いません。

冷えたビールや、唐揚げを使った弁当が売りな様です。

営業時間 12:00〜14:00,17:00〜23:45

住所:511 Guillemard Rd, シンガポール 399849

facebookページ:https://www.facebook.com/deliciouzayaizakaya/

 

Yi kou noodle – 一口麵

元インテイラデザイナーの店主が開いた古い伝統からなる広東料理のヌードル屋です。

主にチャーシューを使っているそうで、好みでエビ餃子などをトッピングできます。

エビ餃子は全てこの店の手作りです。

メニューは少ないですが、絞られた商品に力を入れているようです。

料金は4S$前後ほどです。

営業時間 11:30〜21:00

住所:489 389488, Lor 27 Geylang, シンガポール

facebookページ:https://www.facebook.com/yikou.noodle/

 

さいごに

以上、シンガポールのローカルフードでもあるヌードルのオススメ店まとめでした。

ベイエリアの高級レストランも良いですが、ゲイランの様な「THE・下町」の様なエリアに踏み出してローカルフードを口にし、現地に染まってみるのも新しい旅の経験です。

ちなみにシンガポールのヌードルは具が海鮮系である事が多いです。海が近い地域の特色が良く出ていると思います。

また、麺は美容に良いとされているものが多く女性の方は是非足を運んでみたいですね。

ここ数年、ビブグルマンの発行に寄りさらに盛り上がりを見せるシンガポールのローカルフード。

シンガポールに起こしの際は是非口にみて下さい。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*